携帯 乗り換え 費用

現金キャッシュバック50,000円があります。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

携帯 乗り換え 費用

携帯会社を乗り換える時、気になるのが費用ですよね。

 

 

乗り換えるためには現在使ってる契約を打ち切らないといけず、その時に違約金が発生するかどうか?次に乗り換える会社でどのようなキャンペーンをしているが重要なポイントだと思います。

 

 

もう一つ気にして欲しいのは月々の利用料金でどれぐらい差がでるか?特にキャリアから安い格安スマホに乗り換えた場合、この差が大きいので要チェックです。

 

 

 

 

私自身AUからYMOBILEに乗り換えました。

 

乗り換える時期が悪く、違約金を支払って解約をしたんです。こう聞くと損してるんじゃない?と思うかもしれませんが、実はそうでもないんです。

 

というのも違約金の支払いって日割り計算とかじゃなく、例えば契約して3ヶ月目で解約したら1万円だとしても、1年半使ってから違約金を支払っても違約金として一万円取られるわけです。

 

例えば来月が2年契約の更新月なので、その時に切り替えなら違約金がかからないならわかりますが、更新月が数ヶ月以上先の場合は違約金は気にしなくてよかったりします。

 

 

 

私の場合もそうで、更新月は6ヶ月先だったんです。

 

6ヶ月後に切り替えれば違約金なしでYMOBILEに変えることができる、MNP時の事務手数料は2000円でしたが、いつ切り替えても必要になるのでここでは無視します。

 

違約金は8000円、かたやYMOBILEに乗り換えたらスマホ本体(約3万円)無料キャンペーンをしていたので8000円の出費で乗り換えできるわけです。

 

これが半年後の違約金が発生しない時期に乗り換えたとして、その時同様のキャンペーンをしてなければ違約金が0になってもスマホ本体3万円まるまる出費となり、6ヶ月待ったのが無意味どころか逆に高くなってしまいます。

 

 

さらに月額料金でも差があります。

 

AUだと毎月8000円だったのがYMOBILEだと3000円ですむ、つまり毎月5000円の差額がでてしまうわけです。

 

月額利用料金の半年分の差だけでも5000x6の3万円差がついてしまい、これに先ほどの本体キャンペーンの差額も加算すれば5万以上の差額が発生してしまいます。

 

このように目先の違約金だけで考えてしまうと大損をしてしまうので、違約金の支払いの有無にとらわれず、大きな視点で携帯乗り換えを考えてもらえればと思います。

 

 

このよう私の場合はYMOBILEに乗り換えましたが、大手キャリアでも乗り換えをすることが可能です。

 

 

例えば、ソフトバンクなんてかなりお得です。違約金を支払ってもトータル的に得をする仕組みができていますので、携帯を乗り換える際にはソフトバンクへという視野も持つようにしてください。